【鳴沢氷穴編】青木ヶ原樹海にある国指定天然記念物の洞窟に行ってみた!

鳴沢氷穴,万年氷

青木ヶ原樹海の東西にある二つの鍾乳洞とは?

東京から車で約2時間ほど、富士山の近くに位置する青木ヶ原樹海は富士箱根伊豆国立公園に指定されているほど、歴史的な価値も非常に高い原始林です。

今回ご紹介する「富岳風穴」・「鳴沢氷穴」はこの青木ヶ原樹海の中にあり、1200年以上前から存在する国の天然記念物なんです!

1年中通して、洞内の気温は0度~4度を保っているため、夏は涼しく過ごせます。冬には氷が作られ、夏でも氷が見られるほどの冷たさです。 2つの洞窟はトンネル式洞窟で地質学上、貴重な溶岩洞窟としても有名です。お子さんがいるご家庭であれば、喜ぶこと間違いなしです!

皆さんにも素晴らしさが伝わるように、特別に二回に分けて詳しく解説していきます。

今回は前回の富岳風穴編に引き続き、鳴沢氷穴編です!(2018年10月現在)

いくべぇ
天然記念物でもある「富岳風穴」と「鳴沢氷穴」の楽しみ方やアクセス、営業情報など役立つ情報をまとめてご紹介するよ。第二回の今回は【鳴沢氷穴】をご紹介します。

1. そもそも「風穴」と「氷穴」ってなに?
2. 荒ぶる山と美の源泉「青木ヶ原樹海」はどんな場所?
3. 【鳴沢氷穴】樹海から洞窟へ。
4. 【鳴沢氷穴】青木ヶ原樹海の洞窟をアドベンチャー気分で探検しよう!
5. 【鳴沢氷穴】まとめ

1. そもそも「風穴」と「氷穴」ってなに?

昔、主に富士山の噴火により発生した溶岩流により、麓の『青木ヶ原樹海』には多数の洞窟が生まれました。

その中でも最大級の規模であり、ともに国の天然記念物に指定されている「富岳風穴」と「鳴沢氷穴」の洞窟では、平均気温3℃という環境の中、天井から染み出した水滴が凍ってできる大きな氷柱をはじめ、自然が造り上げた氷の芸術を見ることができます。

富岳風穴

総延長201m、高さ約8.7mもの横穴が続く『富岳風穴(ふがくふうけつ)』は、昭和30年頃まで使われていた繭(まゆ)や種子の貯蔵庫。繭玉が成長しないように、また、良質の種子を保存し、芽吹きを良くするため映像状態で貯蔵していました。

富岳風穴のコースは、なだらかな横穴でお子様やご年配の方でも無理なく散策いただけます。

鳴沢氷穴

総延長156m、高さは1~3.6mの高さは頭すれすれな『鳴沢氷穴(なるさわひょうけつ)』は、今から1100年以上前、富士山の噴火により流れ出た溶岩が、徐々に冷めて凝縮する際、内部のガスが噴出した後に残った空洞が鳴沢氷穴なのです。環状型なので1周することで様々な洞窟の表情を楽しむことが出来ます。

鳴沢氷穴のコースは、自然の起伏に富んだタテ穴型洞窟です。よって場所によってはかなり低くかがまないと進めない場所や急な階段があるので、富岳風穴よりもハードなコースになります。

2. 荒ぶる山と美の源泉「青木ヶ原樹海」はどんな場所?

西暦864年の貞観の大噴火で流れ出た膨大な溶岩流(青木ヶ原溶岩流)は、北西麓にあった広大な湖「セの海」に達し、大半を埋没させました。この時にできた、約30平方キロメートルにおよぶ溶岩地帯の上に形成された原始林が青木ヶ原樹海です。

ツガ、ヒノキなど針葉樹にミズナラなど広葉樹が混ざる混合林で、溶岩の隙間のわずかな土壌や苔むした倒木の上に樹々が必死に根を張る姿など、富士山ならではの貴重な森の様相を観察できるのが特徴です。

3. 【鳴沢氷穴】樹海から洞窟へ。

鳴沢氷穴

富岳風穴を見てきた後は鳴沢氷穴へ向かいます。車で2分、徒歩15分の距離にあります。

鳴沢氷穴

しかし、この日はほんとに雨が強くて…(-_-;)

徒歩15分の距離も長く感じてしまいます。

鳴沢氷穴

ただ、道路沿いにはきれいな紅葉を見ることが出来ました。鳴沢氷穴のある鳴沢村まであと少しです!

鳴沢氷穴

鳴沢村に到着しました。ここを右に曲がります。

鳴沢氷穴

…。

思いのほか距離がある。

ここにきてさらに雨脚が強くなってきました!

あとちょっと!のはず!

鳴沢氷穴

着きましたー!なんだかんだ15分くらいで着けたかな(笑)。こちらも風穴同様に道の駅のような建物があります。

鳴沢氷穴

駐車場には溶岩樹型がありました。

西暦864年富士山側火山である長尾山の噴火の際に流れ出した灼熱の溶岩流に包まれた樹木が長い年月の間に風化され周りの溶岩だけが残ったものです。

鳴沢氷穴 鳴沢氷穴

建物の外観にはきらきら光る風車がグルグル回っていました。インスタ映えスポットです。

鳴沢氷穴 鳴沢氷穴

鳴沢氷穴は富岳風穴に比べて天井が低いうえに階段の数も多いです。よって入洞規制が厳しくなります。

【入洞できないお客様】

  • おんぶ・だっこのお客様
  • 心臓が弱いお客様
  • 足腰の弱いお客様
  • 車いすのお客様
  • ヒールの高い靴のお客様
  • ペット同伴のお客様

天井の高さは低いところだと91㎝くらいのところが5mほど続きます。それで足元は滑りやすいのでヒールなんてもってのほかですね。しっかり履きなれた滑りにくい靴を履いていきましょう。

鳴沢氷穴

4. 【鳴沢氷穴】青木ヶ原樹海の洞窟をアドベンチャー気分で探検しよう!

鳴沢氷穴

入洞今回は富岳風穴と違い、大人はヘルメット着用が必須になります。小さい子供はヘルメットのサイズが大きいものしかないため着用しなくても良いそうです。

鳴沢氷穴 鳴沢氷穴

さぁ、いよいよ入洞です!親切に洞窟内の温度をお知らせしてくれます。同じ洞窟とはいえ、富岳風穴とは違った雰囲気があります。

洞窟内の気温は1年中、0度~3度で保たれているため、イメージとしては冷蔵庫の中に15分間も入るイメージです。心配な方は厚手の上着を持っていくと良いでしょう。他にも手すりで汚れたりすることが心配な方は手袋なども持参していきましょう!

鳴沢氷穴

こちらの階段で一気に下ります。鳴沢氷穴は竪穴式の洞窟なので高低差がかなりあります。その深さはなんと21mもあります。滑りやすいので要注意です!

鳴沢氷穴

階段を下りていくと横目に広がる洞窟が。この時点で異世界に来てしまったような感覚になります。

鳴沢氷穴

コンクリートの階段から鉄骨の階段に変わりました。ですが、まだまだ深く降りていきます。

鳴沢氷穴

10mくらい降りてきました。天井には「頭上注意」の文字。いかにも洞窟らしくなってきました!足元と頭上に気をつけながら前に進みます。

鳴沢氷穴

写真撮るのも一苦労です(;^ω^)

しかしながら、洞窟の探検をしているみたいでテンションが上がります。

鳴沢氷穴 鳴沢氷穴

階段を下まで降りると、次はツルっと滑ってしまいそうな岩肌のところに来ました。いろんな岩肌の表情を見ることが出来るのが楽しいです。

ここは溶岩でできたトンネルのようになっていて、天井は91㎝しかありません。なので、皆さんかがみながら横歩きで前に進みます。

鳴沢氷穴

ここは「氷の冷蔵庫」と呼ばれる場所。鳴沢氷穴のメインポイントです。

昔、冷蔵庫が無かった頃、約5mの深さの氷の池から切りだした氷をここに積み上げて洞内に保存していました。昭和40年頃から温暖化の影響で氷は減少し、今では外部から氷を入れ、氷の貯蔵庫として再現し観覧できるようになっています。

鳴沢氷穴

本来であればここに立派な氷柱が立ち、美しくライトアップされます。氷柱を見れなかったのは残念ですが、それでもこうして氷が残っているので、一年中本当に気温が変わらないんだなぁと実感しました。

ここまで来たら、通ってきた道を引き返すだけです。次回はしっかりと氷が作られた時期に来たいなぁ(笑)。

鳴沢氷穴

最後はヘルメットを返却して探検は終わりです!

お疲れ様でした!

5. 【鳴沢氷穴】まとめ鳴沢氷穴

「【富岳風穴・鳴沢氷穴(後編)】非日常体験が出来る国指定天然記念物の洞窟に行ってみた!」はいかがでしたでしょうか。僕が富岳風穴のバス乗り場まで帰ってくる頃には雨もやみ、青空を見ることが出来ました。

今回は10月の下旬だったこともあり、想像していたような氷をみることはできませんでした。しかし、洞窟で身体を小さくしなければ進めなかったり、アドベンチャーチックなことが出来たのはとても楽しかったです。次回は2月から5月頃を狙っていってみようと思います!ではまた!

鳴沢氷穴

営業時間 https://www.mtfuji-cave.com/contents/information/
料金 大人      350円
小人(小学生) 200円
電話番号 0555-85-2301
住所 山梨県南都留郡鳴沢村8533

鳴沢氷穴,万年氷