富士吉田や河口湖でも食べられる!山梨名物 ほうとう(餺飥)の特徴・味・麺・歴史をご紹介します。

ほうとう

ほうとう(餺飥)

それは、山梨県(甲斐国)を中心とした地域で作られる郷土料理です。

2007年には農林水産省により各地に伝わるふるさとの味の中から決める「農山漁村の郷土料理百選」の中の一つに選ばれています。

現在でも日常的な料理として多くの観光客や地元の人に愛されていますが、一般家庭で食べられる頻度は年々下がっているようです。一般的に県外の人からは、鍋料理や鍋焼きうどんの様な体裁で食べられることが多く、「うどんの一種」「鍋料理」と認識される事が多いようです。

しかし、県内の家庭では家族分を大鍋で作り、一食分の主食として供され、汁物として添えられることがあるため、県内では「うどん」と同一のものとも認識されていません。山梨県内では「ほうとう」はあくまで「ほうとう」であり、一般に言う「うどん」とは異なるものとして認識しています。

いくべぇ

吉田のうどんと並び、山梨県の郷土料理として人々から愛されている「ほうとう」。山梨県へ来たら一度は食べてもらいたい逸品です。「うどん」や「きしめん」との違いや、ほうとうが郷土料理として地域に根付いた歴史など詳しくご紹介していきます!

1. ほうとうの歴史
2. ほうとうは「吉田のうどん」や「きしめん」と何が違うの?
3. ほうとうの具材・味付け
4. まとめ

1. ほうとうの歴史

考古学的には中世後期段階で「ほうとう」の起源にあたる麺類が食べられていたと考えられています。

山梨県の大部分が山地であるため、水田が少なく米飯は貴重な食べ物でした。
代わりによく食べられたのがこの「ほうとう」です。「おねり」や「おやき」など粉食料理の体系が発達し、ほうとうはその中でも各種野菜や汁で増量されるために小麦の使用量が少なく経済的であり、また味も良いことから広まったといわれています。

食生活の中心となり、昔は「ほうとうの麺を打てないと一人前でない」と言われ、嫁入り修行の第一歩であったようです。郷土食として、これほど普及しているものも少なく、「朝はおねり、昼は麦飯、夜はカボチャのほうとう」というのが長い間甲州農村の日常生活での標準型であったようです。

日向国(現在の宮崎県)の修験者である野田泉光院は文化12年(1815年)に甲斐を訪れているが、
泉光院の『日本九峯修行日記』には一連の粉食料理とともに登場し、ほうとうが「名物」であったことも記されている。

ほうとうにはさまざまな云われや歴史があり、自然発生説や、いくつかの諸説がありその一部をご紹介いたします。(http://hiraiya.jp/371引用)

  • 平安時代に、こねた小麦粉を麺棒で細長く延ばし、煮込んだうどん「餺飩」(ハクタク)の音が転じて「ほうとう」に変わったものであると言われています。

  • 清少納言の「枕草子」にも「熟瓜(ホゾチ)ほうとう参らせんなどとどむるを」とあることなどから見ますと、奈良平安時代の頃、高僧(遣唐使)などによって、大陸から我が国にもたらされたと考えられます。

  • また戦国時代に武田信玄公が、甲州に出入りした高僧(遣唐使)から伝承された陣中食で、欲に“武田汁”と言われ、生麺と季節の野菜を使い味噌汁の中で煮込むというもので、手間がかからず、消化も良く栄養価も高いことから、野戦食として用いられたと伝えられています。またあるひとつの説では、武田信玄公自ら伝家の宝刀で、麺を細長く切ったことから、“宝刀”(ホウトウ)の名が生まれたという伝説もあります。

3つ目の説が一番有名ですね。戦国時代に武田信玄が野戦食として戦場に持ち込み、自分の刀で食材を切ったことが「ほうとう」という名前に繋がったと言われています。

2. ほうとうは「吉田のうどん」や「きしめん」と何が違うの?

ほうとう

このページの始まりに、「ほうとうとうどんは全く異なるもの」だということをお伝えしました。ただ、汁物として食べられるとはいえ、麺やダシの味はよくあるうどんと変わらないんじゃないかと思ってしまいます。また、愛知県名古屋発祥のきしめんはほうとうと見て比べるとなかなか見分けがつきません。

ここで「ほうとう」と「うどん」、「ほうとう」と「きしめん」の違いをおさらいします。

「ほうとう」と「吉田のうどん」

吉田のうどん

どちらも山梨県の郷土料理ということもあり、同じようなイメージを持たれがちですが、「作り方」「見た目」、そして「食のエリア」など全てが大きく異なります。

「吉田のうどん」は、麺を作るときに塩を使い寝かせてから茹でます。そして、具は主に馬肉・キャベツ・人参・揚げ玉などお店によって異なりますが基本的にシンプルです。麺は角切りの四角い形をしていて、太く硬いのが特徴です。また、スープは味噌と醤油を合わせたものが一般的です。

一方「ほうとう」は、製麺するときに塩を一切使わず、カボチャ、山菜、キノコなどの具をたっぷり入れてそのまま煮込みます。

また、「吉田のうどん」は主に富士吉田地域で食べられてきましたが、「ほうとう」は、主に甲府地域を中心に食べられています。

「ほうとう」と「きしめん」

きしめん

「きしめん」のゆかりの地は愛知県の名古屋市。名前の由来は諸説あり、「キジの肉を入れたことから『きじめん』と呼ばれたことがはじまり」とか、「紀州で作った『紀州麺』がなまった」などと言われているそうです。

きしめんの作り方はうどんとほぼ同じ工程で、小麦粉に塩と水を加えてこねたものを延し、細長く切って麺にします。麺の太さは日本農林規格(JAS)によって定められており、乾麺のきしめんの場合「幅4.5mm、厚さ2.0mm未満の帯状のもの」とされています。きしめんなど、名古屋地域のうどんは麺が硬めという特徴があるそうです。これは、製造過程で麺に含ませる塩が多めだからと言われています。

対する「ほうとう」は、薄くて幅が広めな「きしめん」よりもさらに薄く、幅が広いものが多いようですが、特に規定はないそうです。

3. ほうとうの具材・味付け

ほうとう

「ほうとう」には、食塩が含まれていないため、とろみがつき、「うどん」より味が濃く感じられます。

もちもちとした食感で、ちぎって煮ることも多く、麺だけでなくしらたまのような感覚でも食べられます。 ほうとうの出汁は煮干しで取り、味噌を加えて味付けをします。基本的には味噌ベースが多いようです。 山梨県内では、「ほうとう」にカボチャを入れることが多く、全国的に見られる冬至の時にも、「ほうとう」を食する家庭が多いです。

現在では外食でも「ほうとう」を扱う店もあり、「ほうとう」のみを扱う店や、「小豆ぼうとう」、汁のベースにコチュジャンを使用したもの、またカキやスッポン、カニを入れる店など、多彩なほうとうを扱う店も数多くあります。

4. まとめ

ほうとう

いかがでしたでしょうか。「ほうとう」、「吉田のうどん」、「きしめん」の違いとほうとうの特徴がお分かりいただけましたでしょうか。

ただ、作り方はうどん同様簡単に作れるので、自分好みの具材をトッピングして「自分アレンジ」なほうとうを作ってみるのと楽しいと思います。

ほうとう