富士登山であなたに合ったオススメのルートをご紹介します。

富士登山

富士山への4つの登山道とは?

山頂への道は、時代によっても変化がありますが、現在では、吉田口・須走口・御殿場口・富士宮口の4つの登山道が利用されています。この四道のうち吉田口登山道は、麓から山頂まで通して歩ける唯一の登山道となっています。登山口によって出発地点と特徴が異なるため、自分にあったルートを選択することも必要です。

富士登山 ルート~富士登山のオススメルートご紹介します~

・富士宮ルート(ふじのみや)  

富士宮ルートは、富士宮口五合目(標高2400m)を出発し、静岡県側(富士宮市内)の富士山南側から山頂を目指すルートです。

・4つの登山ルートのうち、最も標高の高い位置から出発するため、山頂までの距離が短い。
・そのため、吉田ルートに次いで登山者が多い。
・全体的に傾斜が急で、やや岩場が多い。
・登山道と下山道が同じで、ルートを間違えにくい反面、混雑時は譲り合って登山することが必要。

・須走ルート(すばしり)

須走ルートは、須走口五合目(標高2000m)を出発し、静岡県側(小山町内)の富士山東側から山頂を目指すルートです。

・樹林帯を抜けると、どこからでもご来光や影富士が見られる。
・登山道と下山道が別。八合目から山頂までの区間は吉田ルートと合流。
・樹林帯では見通しが効かないため、夜間や濃霧時は道に迷わないように注意。

・御殿場ルート(ごてんば)

御殿場ルートは、御殿場口新五合目(標高1440m)を出発し、静岡県側(御殿場市)の富士山南東側から山頂を目指すルートです。

・出発点の標高が低く、傾斜が緩やか。(山頂までの標高差が大きく、距離が長いため健脚向き)
・火山砂利を下る大砂走りの下山がダイナミック。
・他ルートに比べて山小屋が少ない。(トイレや休憩場所が少なく、緊急時に対応できる施設がない)
・4ルート中、最も登山者が少ないため、静かな登山が楽しめる。
・登山道の標高の高い位置から、ご来光が見られる。
・目標物が少ないため、夜間や濃霧時には道に迷いやすい。

・吉田ルート

吉田ルートは、富士スバルライン五合目(標高2305m)を出発し、六合目で吉田口登山道と合流します。山梨県側の富士山の北側から山頂を目指すルートです。

富士登山

・登山道と下山道が別になっている。
・登りの登山道に山小屋が多い。逆に、下山道には山小屋がほとんどない。
・富士山に登る登山客の半数以上が吉田ルートを利用している。

富士山頂を1周する「お鉢巡り」とは?

富士登山

富士山の山頂部分を一周することをお鉢巡り(おはちめぐり)といいます。歩行距離は3キロ。平均的な脚力で1時間半ぐらい歩くと日本のピーク剣ヶ峰(3,776m)に到着します。当たり前ですが、強風などの悪天候の場合は中止する場合があります。外側は崖、内側は火口の危険地帯を歩くのですから。トイレは2カ所あります。

富士登山