富士登山ができる開山期間の中でのベストシーズンをご紹介します。

富士登山

富士山の開山期間は?

富士登山 ベストシーズン

日本人なら一度は登ってみたい富士山。山開きを心待ちにしている方も多いのではないでしょうか。

その登山シーズンは7月から9月上旬です。それ以外の時期(特に冬山)は上級登山者限定の危険な状況です。

先にお伝えしたように登山シーズンは7月から9月上旬ですが、富士登山には主に4つのルートがあり、すべてのルートが同じ日に開かれるわけではりません。ルートごとの開山時期を確認の上、計画を立てましょう。(気象状況などで時期がずれる場合もあります。)

☆ルート名 吉田ルート 須走ルート 御殿場ルート 富士宮ルート
☆開山時期(2018年) 7.1(日)0:00~9.10(月) 7.10(火)9:00~9.10(月) 7.10(火)9:00~9.10(月) 7.10(火)9:00~9.10(月)

関連記事:富士登山 ルート ~富士登山のオススメルートご紹介します~

開山直後の富士山は天候面・救護面で難ありな部分もあるので、挑戦する場合はしっかりとした対策を取ることをおすすめします。しかしながら、開山初日は高確率で天気に恵まれません。ご存知の通り、7月1日は毎年梅雨の真っ只中で、過去3年間で開山日に晴れたのは2016年のみ。それでも初日に登りたいという方は雨に備えて、寒さ対策もしっかりしましょう。もし天気が悪くても、開山初日でしか味わえない感動がそこにはあります。

富士登山のベストシーズンは?

富士登山

☝8.5合目あたり。距離的には頂上まであと少しなのに、なかなか前に進めません。(8月上旬)

たった2ヶ月しかない富士山の登山シーズン。この2ヶ月に大勢の登山者が富士山に入山します。梅雨時期は天候の予想が難しく、雨の中では景色も今ひとつ楽しむことができないので、梅雨が明けてからの入山をおすすめします。

また、土日やお盆の時期は混雑のピーク。山内で渋滞も発生します。2017年はなんと約28.5万人もの登山者が富士山に登っています。混雑している中で登山をしますと、落石・怪我のリスクも高まる上、自分のペースで歩いたり、休憩することが難しくなる場合もあります。安全・快適な登山をするためにも、混雑日・混雑時間帯を避けた登山計画を立てましょう。

ゆっくり自分のペースで登りたいという方は平日を狙うといいでしょう。

富士登山