郷土料理作り体験|富士吉田・河口湖の名物ほうとう・吉田のうどんの紹介

ほうとう体験
富士吉田と河口湖の郷土料理や名物を作る体験を実施しているお店やサービスの紹介です。 富士吉田市には様々なご当地グルメがありますが何といっても一番人気は吉田のうどんですね。 その名物を作る体験や山梨の郷土料理であるほうとう作りの体験が今大人気です。

富士吉田市の有名な食べ物吉田のうどん

富士吉田市には様々なご当地グルメがありますが何といっても一番人気は吉田のうどんです。 味噌と醤油をあわせた汁、麺が硬くてコシが強く、茹でキャベツのトッピングがあるのが特徴です。 “すりだね”と呼ばれる辛味を入れて食べるのが特徴的です。 今でこそ名物になっていますが、元々は富士吉田の庶民的な家庭料理だったそうです。 吉田のうどん体験は富士吉田では一軒のみ実施しております。 うどん作り体験

山梨県の郷土料理ほうとう

ほうとうとは、山梨県を中心によく食べられる郷土料理のことです。 小麦粉を練りざっくりと切った太くて長い麺を、カボチャなど野菜と共に味噌仕立ての汁で煮込むのが特徴です。 粉食文化の起源をもつ富士吉田市の郷土料理「吉田のうどん」同じく、「農山漁村の郷土料理百選」に選ばれています。「ほうとう」は「吉田のうどん」よりもはるかに広範囲の山梨県全域に普及しています。それほど「ほうとう」が山梨の郷土料理として普及したのは山梨県の気候や風土が深く関係しています。 ほうとう体験はお子様も楽しめる内容になっております。 河口湖の子供体験  

山梨県の日本酒飲み比べ

名水の里として知られるやま山梨県は、山と自然に囲まれ水源が豊富なため全国のミネラルウォーターの約42%を供給しています。 1985年に環境省(当時は環境庁)が日本名水百選に選定した「八ヶ岳南麓高原湧水群」や「尾白川」等3ヵ所が選定されました。2008年には平成の名水百選として「金峰山・瑞牆山源流」等4ヵ所が環境省より認定され、本県の名水は7ヵ所となりました。 このように県内に複数の「名水」を有することで、様々な味わいの名酒が生まれるのです。 近年、ワインだけでなく山梨県の日本酒は全国でもメジャーな存在になってきました。 今回は、そんな山梨県の米と水を100%使った「認定酒」を飲み比べできます。 山梨県の地酒に興味がある方は必見です!!! 日本酒体験山梨